2009年01月31日

ITパスポート取得を決意

僕はシステム開発を生業にしているわけではないのですが、大企業のWebプロジェクトにWebプロデューサーとかWebディレクターといった立場で携わっている関係で、プロジェクトによってはシステムが絡むケースも多かったりします。

システム開発の専門的な知識・技術を身につけて極める必要は全くありませんが、広く浅い知識は持っておく必要があるなと、このところ特に痛感しているところです。

というわけで先日、ITパスポートの取得を決意したので、今日から合格までの道のりを綴っていこうと思います。

ターゲットとしている試験は2009年4月19日ですから、3ヶ月弱という短い期間になる予定です。

もちろん、不合格だった場合は秋の試験を目指すことになりますが。


ITパスポートという試験は、この春の試験が第一回目だと聞いています。

現行試験でいうところの初級システムアドミニストレータ試験に対応する内容だそうですが、初級シスアドはITパスポートの登場により発展的に解消されるそうです。

レベル的には初級シスアドよりも若干低くなりますが、いわゆるテクノロジ系の問題だけではなく、ストラテジ系やマネジメント系の問題も出題されますので、出題範囲はむしろ広くなったとも言えます。

ひとことで言えば、ITパスポート試験とは「職業人が共通に備えるべき情報技術の基礎知識を測るための試験」なのだそうです。


さあ、がんばって勉強するか。


ITパスポート試験まであと:77日
posted by tetra at 16:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。